ビジネスの基礎の基礎としくみの話(風の時代仕様)

◆満席となりました◆

 

キャンセル待ちをご希望の場合は、こちらのフォームよりお申込み下さい。

◆「キャンセル待ち」お申込フォーム◆

動画視聴をご希望の場合は、こちらのフォームよりお申込み下さい。

◆「動画視聴」お申し込みフォーム◆

・ビジネスのしくみ。
・ビジネスの段階。
・売れるモノと売れないモノの違い。
・集客の基本。
・売れる売り方の基本。
・真のお客様目線とは。

など。

 

私が知っていることを、

めちゃめちゃ分かりやすく、

「実践的な形で」「風の時代に合った形で」お伝えする機会を作ります。

集客が思うようにできていない人にも、
これからビジネスを始めようという人にも、
そこそこ出来てるけど手探り状態な人にも、

仕組みと必要な行動が明確に分かるので、
間違いなくお役に立てる講座です。

私は現在47才で、経営者歴23年になります。

創業52年の会社の三代目として、10業態の事業所を経営してきました。

私が37才のときに父が他界し、

社長業は今年で10年目になります。

 

2019年3月まで、

5つの業態の6つの事業所を経営していましたが、

意を決して、

3つの業態の4つの事業所を閉めて、

事業規模のミニマム化に一気に取り組みました。
 

それがね!

な、な、なんと!

私が閉めた3業態は、

ビジネスホテル1軒、飲食店2店、カラオケルーム1店。

コロナ倒産が激増している業態トップ3!

 

これ。コロナ禍が始まる1年前に行ったことです。

改めて、

私は、時代の流れを察知する力に長けていることを実感しました。

おかげさまで、

昨年から突如始まったコロナ禍が続く現在も、

経営は安定しています。

父が亡くなり引き継いだ10年前、

当時10億以上あった負債は、半分になりました。

 

 

事業規模を、ミニマム化しつつも、

父から引き継いだ役割をしっかり担いながら、

個人活動として、

講座の講師、カウンセラー、コンサルタントなどの相談業もしています。

ご提供している講座やメニューは、

ありがたいことに募集をかけると毎回満席になります。

個人活動は6年目に入りました。

よく長男(高1)に言われる言葉があります。

「お母さんって本当に仕事が大好きで楽しそうだよね。」

今の私は、

好きな仕事を、自分の心地よいスタイルでできています。

ただ、この環境を作るため、守るため、に、
それまで相当な工夫とエネルギーを注ぎました。


仕事にかけているのと同じくらい、

【環境を作る・守る】ことにも、莫大なエネルギーを注いでいますし、

 

仕事に向ける意識を整えることにも、大きなエネルギーを注いでいます。

なぜなら、

好きな仕事を自分の心地よいスタイルで楽しく「継続」したいからです。

そのためには、

 

仕事を続けていける「環境」を整え、保つことも、

仕事を続けていける「意識」を整え、保つことも、

仕事のスキルを上げることと同じくらい大切なことです。


 

私は、

自分が好きな仕事を好きなスタイルでできるなら、

そのための環境を整えるために、

どんな苦手な作業も、

どんなコツコツ作業も、

平気でできました。

それは、

とにもかくにも、

仕事にしたい、仕事を続けたい、一心だったので、

あんまり努力とか頑張ってるとか感じたことはなかったです。

苦だと思ったこともないです。

 

とにかく夢中でした。

夢中で出来ちゃうほど、

楽しかったんですよね。 

寝る間を忘れてブログ作り込んだり、

 

情報収集ニーズ収集したり、

認知を拡げるための宣伝行動をコツコツしたり、

 

募集記事や販売記事を何度も書き直したり。

 

全ての作業が楽しかった。

絶対に仕事にしてやると思っていたので、

熱病にうかされたように、夢中でやっていました。

 

 

だから、

「集客できません」という方の取り組んだ作業量を聞いて、

ずっこけることは、よくあります(笑)

 

売れるモノには理由があります。

売れるサービスには理由があります。

売れている人にも理由があります。

どんなに美味しいお店だったとしても、

経営がヘタだったら、
集客がヘタだったら、

数年でつぶれてしまいます。

 

長く継続することは不可能です。
 


美味しけりゃお客さんは勝手に来る。
なんてのは幻想です。


「良いものを作れば評価される」

 

「良いもの提供すれば評価される」
 

「一生懸命やれば評価される」

なんてのも幻想です。


自分の提供するサービスが、

どれだけ価値があって、
どれだけ素晴らしくて、
どれだけ人を幸せにできるか。

広く知らせる努力をしなければ、

そのサービスは、
どんなに素晴らしく価値があるものでも、

世に出ることはない。

 


どんなに人の役に立つものであっても、
役に立てないまま終わります。

「カウンセラーの手法を学んでカウンセラーになる」ことと、

「カウンセラーで食べて行く」ことは、

全然違います。


「料理を学んでお店を出店する」ことと、

「お店が繁盛店になって長年続く。」ことは、

全然違うのは分かりますよね?

 

全く同じことです。

 

技術を磨いて知識を増やすことには、

惜しみなくエネルギーを注ぐのに、

それを拡げるための作業や行動には、

エネルギーを注がない人の何と多い事か。


 

自分が提供したいものが、
思ったように広がって行かない場合は、


間違いなく、

価値を分かるようにする努力が圧倒的に足りてない。

 

拡げる努力が全く足りてない。



それって、

自分が提供するものへの愛情が足りてないってことです。

 

役に立つはずのものを、

役立たせてあげる状態にしてあげないのは、

間違いなく愛が足りないですよね?


 

やってるつもりの自己満足で終わってるんです。
 

 

カウンセリングの手法を、

料理の技術を、

【習得しただけ】では、

 

仕事として成り立たせることはできないんです。
 


カウンセラーとして「食べて行く」には、
お店を「繁盛店にする」には、

『ビジネス』の知識が必要です。


ビジネスには、

しくみがあります。

段階があります。

そして、

個人活動のお仕事は、やってみたら分かりますが、地道な作業だらけです。
 

お知らせを書いたり、
メルマガやブログを書いたり、

 


お役立ち情報を発信したり、
私個人の人となりが伝わる発信をしたり、

講座やセッションに関する記事を書いたり、

講座やセッションのために勉強に行ったり、
 


集客を教わりに行ったり、
資料を作ったり、

 

 

会場を探して予約したり、
料金を振り込んだり、

 


申し込みフォーム作ったり、

ペイパルの決済リンクを作ったり、
ご入金の確認作業をしたり、

 

 

人が集まらないなら何度でも声をかけたり、
他に方法がないか 考えたり。

 

 

それだけやっても、初期の頃は、
赤字のリスクが常につきまといます。



講座やセッションをしている時間の何十倍、何百倍もの時間を、地道な作業に費やします。
 

 

個人活動をしている講師やカウンセラーなどの仕事の9割は、

「集客」なんです。

実店舗の経営の場合でも、

どれだけ「集客」に力を入れられているか?が、繁盛店になれるかどうかのカギです。

スキルアップや技術を高めること以上に、

自分の活動を宣伝する、広める作業が、

仕事を発展させ継続させていく上で、最も大事なことなのです。


そこを分かっていないと、はじめて起業をしてお仕事を始めたときに、

「思ってたんとちがーう!」

「思い描いてた通りにうまく行かない!」

ってなる。
 

会場に行って 話すことが、

個人セッションでクライアント様にセッションすることが、

お客様に商品やサービスを提供することが、

仕事だと思っていたら 大間違いです。

 

それは 仕事のうちの、ほーんの一部にすぎません。

自分で考え、自分で決め、自分で責任を取って 仕事をするのが好き。

という人には、起業はオススメです。

決められた場所や時間、与えられた仕事をこなすことが好き。

という人には、起業はオススメできません。


そんなお話や、

価格設定の仕方。

メルマガとブログの役割について。

商品やサービスの売れる見せ方。

 

リピートされる理由。

集客のために解消する必要があるブロックについて。

お金とはそもそも何だろう?

などなど。

これまでの経営者歴23年で、

身に着いている、

私が知っている、

私がやってきて上手く行っている方法を、

実践的にすぐに使える形で、

 

今の時代である風の時代に合った形で、

 

お伝えします。

講師 高橋ゆりこ

「ビジネスの基礎の基礎としくみのお話(風の時代仕様)」

日時:6/15(火)天赦日+一粒万倍日

   午前10時~13時

開催方法:ZOOM

世界中のどこからでもご参加頂けます。

講師は顔出し致しますが、参加者様の顔出しの有無は自由です。

リラックスして参加した場合は、カメラオフでご参加下さい。

カメラオフの場合、すっぴんでもお部屋が散らかっていても大丈夫です。

定員:25名


受講費:18000円(税込)

講師3.jpg

◆満席となりました◆

 

キャンセル待ちをご希望の場合は、こちらのフォームよりお申込み下さい。

◆「キャンセル待ち」お申込フォーム◆

動画視聴をご希望の場合は、こちらのフォームよりお申込み下さい。

◆「動画視聴」お申し込みフォーム◆